ミステリやアニメやエッセィを書いている人の  ホームページこれはぼくのはじめての(たぶん最後の)ヌード写真です マウスを置くとと年寄りののぼくが顔を見せます。 84年の歳月経過をごらんください

ぼくのホームページとしては四代目になります。
ぴゅー太三世(ぼくのパソコンのニックネーム)のOSも7になったことだし、ビルダー嬢も一太郎くんに嫁いりしたし、心機一転少しはまともなホムペを作ろうと心がけております。
といいながら、サボってくうちに、ホムペの存立が危なくなってきた。ツイッターで読むと、折原一さんも撤退するみたい。
掲示板もアウトになったから、主力はツイッターに作品月旦を書くことととして、こちららでは時間があるとき適宜なにかを書くとしよう。
と、気安く記しておどろいた。月旦とは中国後漢の故事による言葉らしいが、こんな死語をいまごろ知っている者なんて少ないと思う。まあいい、そんなわけでここは自己満足のページだと思ってください。
せっかくスキャンした古い写真を散逸させるのも勿体ない。はじめてこのページを覗く人なら、それなりに関心があろうかと、もう少し残させてもらいます。よろしく。 

10年前、まだ座骨神経痛に悩まされる以前、シベリヤ鉄道に乗った。乗務員は若い美女ばかりで、それはそれで結構なのだが、車両の傍若無人な設計はさすがもとソ連だ。食堂車でもらったウオッカを、客室まで運ぶ間に、グラスの半ばが零れてしまった。そんな揺れなど屁とも思わず、みなさん熟睡するのだから、さすが鉄ちゃんのグループであった。
掲示板は使用不能になりました。
テレビ演出の思い出
アニメ時代始まる
小説をボチボチ
旅ごころ疼く
最近の話
落書です
お便りはツイッターへお願いします。 @mtsujijiです

上記に記した通り、ニフティの都合で掲示板サービスが終了しました。
残念ながら、ビジネスの効率問題の前には無力なほむぺ。
 
名探偵コナンは、園子をシンにした軽いサスペンスの筋書き創りです。

北海道最初のお召し列車で夜行列車を護衛する、もと新撰組斎藤一の推理活劇は、徳間文庫から発刊予定で九割まで書き進んでいます。題名は「義経号、北溟を疾る」
上記は第一稿をおえて、改訂の注文待ち。

つづいて、「深夜の博覧会 昭和ゆめうつつ」の資料をあたっています。昭和12年に名古屋で開催された汎太平洋平和博を舞台に構想中だが、まこ五目飯みたいになりそうで、なにを捨てるべきか悩んでいる。

コミケ販売の同人誌第三号は、竹宮恵子さんの装画で完成。おお、かっこいい。
中身にはぼくの推理劇「人形の殺人」が加わります。


最終更新日: 2017年2月19日



旅ごころを抑えかね